2012/05/27

Kingston SSDレビュー

前回秋葉原でKingston SSDNow V+200 240GB(SVP200S3/240G)を購入してきました。

ツクモにて15980円(代理店はサンマックスでした)

200GB以上のSSDでは安い部類になるとはいえ随分と値段が下がりました。なおkingston製SSDですが秋葉原全体でも取り扱い店舗が少ないように思えます(ツクモeXとDOS/Vパソコン館で確認)。
それでは簡単にベンチマーク計測、環境は以下のとおりです。

CPU:Corei5 2500K
M/B:H77Pro4/MVP
RAM:4GBx2(ノーブランドMicronチップ)
SSD:C300 64GB
SSD:SSDNow V+200 240GB(SATA3.0ポートに接続)
OS:Windows7 Professional 64bit
AHCIモード、IRSTインストール


搭載コントローラはSandForce2218、公称値と比べると遅いです。それでも容量が大きいのでWriteの値が速く感じます。


今度は0Fill計測、これでようやくそれらしくなりました。

使い道としては今までSSDにOS、HDDにデータという2台構成でしたがこのHDDをV+200に換装しました。今のところ直接的に影響を感じる場面はTMGEnc MPEG Editor3使用時に編集がなめらかにできるようになったという点でしょうか。他にはPCから発せられる騒音がかなり小さくなりました(これが一番の効果かもしれません)。

6/14追記
SandForce SF-2000系コントローラーで256bit-AESが動作しないという問題が発覚したようです。コンシューマレベルでどこまで暗号化が必要かなんともわかりませんがとりあえず128bit-AES対応品として販売は継続されるようです。
同コントローラーを搭載しているintelの520シリーズでは希望者に返金対応、Kingstonでは改良製品ができ次第希望者に交換対応となるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています