2012/11/26

SanDisk CruzerSwitchレビュー

以前SanDisk製USB2.0メモリ、CruzerSwitch16GB(SDCZ52-016G-B35)を購入したので簡単に見てみたいと思います。

パソコンハウス東映で購入、850円

SanDiskと言えば一流メーカーですがどうやらこれは海外パッケージ品とのことです。早速開けてみると…


赤いキャップを引きぬき、回転させるとコネクタ部が現れます。普通コネクタ部は安い製品であっても比較的金属製が多い気がしますがこちらはプラスチック製となっていました。コスト削減とはいえ耐久性は大丈夫なのでしょうか…。


CrystalDiskMark結果。NTFSにフォーマットしなおして計測しています。メモリの品質としてはなんともわかりませんが計測結果だけ見るならわざわざ選ぶ必要は無さそうです。
しかし16GBで850円、それもSanDisk製など一昔前では考えられません。

2013 9/27追記
その後Windowsマシンに接続すると不安定になりドライブにアクセスできなくなってしまいました。フォーマットも出来ず途方にくれていましたがLinuxディストリビューションのParted Magicを起動してデータ復旧は何とか出来ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています