2013/03/23

Z77A-G45の新BIOSについて

Z77A-G45の新BIOSが公開されたようなので当ててみることにしました。

MSI Z77A-G45 BIOSダウンロードページ (グローバルサイト)

※画像大きいです

ダウンロードはMSIのグローバルサイトから。前回までは2.xというナンバリングでしたが何故か今回は10.4といきなり数字が飛んでいました。

MSIではUEFI-BIOSからM-flashを使い簡単にアップデートすることができます。ダウンロードしたファイルを解凍し、BIOSファイルをUSBメモリにコピーしてBIOSへ再起動。そしてM-flashを実行すると…


BIOSファイルが認識できないのか"There isn't any BIOS file in this USB key"と表示されてしまいました。そこでDOS起動出来るUSBメモリを作成し、同梱されているexeファイルを実行することに。


結果問題なく10.4へアップデートすることができました。しかしよく見てみるとThunderboltの項目が出現。


無論BIOSで項目が増えた所でハード的に対応していないので使えるはずはありません。気になりつつも再起動してWindowsを立ち上げようとするとメーカーロゴは表示されるもののSSDを読みに行かず起動出来ませんでした。

結局ODDブートなども出来なかったため先程と同様にDOS起動してBIOSを2.Aにダウングレード。その後は無事OSを起動することができました。

Z77A-G45(無印)にはバリエーションモデルとしてZ77A-G45 Thunderboltが存在します。そしてグローバルサイトで確認してみると最新BIOSは10.4となっていました(10.xというナンバリング)。おかしいなと思い無印版の10.4のリンクとThunderbolt版の10.4のURLを確認してみるとなんと同一でした。念のためハッシュも確認しましたが全く同じ。どうやらThunderbolt版のBIOSを間違えて無印版にもアップしていたようです。

ちなみにMSI国内版サイトでは無印最新は2.A、Thunderbolt最新は10.3となっていました。これからアップデートされる方はお気をつけください。

3/29追記
現在は修正されたようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています