2015/02/11

ワンダーフェスティバル2015冬レポート その3

ワンダーフェスティバル2015冬に参加してきました。


※自作ライダーブースへお越しくださった方はこちらも御覧ください。

開催:2015年 2/8(日) 会場:幕張メッセ 1~8ホール

ディーラー参加の合間に各個人ディーラーブースを回ってきました。その中でも気になった作品がありましたので紹介したいと思います。なお作品についての知識が乏しいため間違いがある可能性があります。ディーラーさんのwebページがあるものについてはリンクを貼らせていただきましたので詳細など気になる方は参照してみてください。
なお今回はあまり時間が取れなかったため写真が少ないです。

以下順不同、敬称略。

 モワノー (5-17-15)

シドニアの騎士よりエナ星白。造形はもちろんですが長く伸びたエナがハート型になっているのが素敵です。

 オムニ社 (5-11-02)

左からうたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%より一十木音也と一ノ瀬トキヤ。こちらのお二人は展示のみ。


同じく神宮寺レンと聖川真斗。


同じく四ノ宮那月、来栖翔。


同じく四ノ宮那月、別人格の四ノ宮砂月。


これでうたプリシリーズの6人が勢揃いとなりました。一体でも十分見栄えのする造形のところ、この揃い踏みは非常に壮観です。


スイートプリキュア♪よりキュアメロディ。指先、髪の毛の先まで丁寧に作られていました。

金平糖工房 (6-13-14) 

オリジナル作品のアーチェリー部 真中梓弓。初めての作品、ワンフェス初参加というお話を伺い非常に驚きました。


ディーラー主の方はアーチェリーの経験があり、今流行の「弓道警察」にも文句は言われないような作品になっているとのこと。今後はオリジナルだけでなく版権ものもやっていきたいとの意気込みも頂きました。
いろいろとお話を聞かせていただきありがとうございました。

夢心地 (6-13-13)

仙台が生んだアイドル、大森杏子。仙台市のIT企業が仕掛けるプロジェクトから誕生したアイドルキャラクター。


展示のみでしたがオリジナル作品のビキニンジャも並べられていました。

 ちぇりっしゅ (6-13-06)

初音ミク -Project DIVA- f より初音ミク~翠玉~と巡音ルカ~紅玉~。展示のみでしたが造形、塗装ともとても見応えのある作品でした。


初音ミク Project mirai 2より初音ミク~骸骨楽団とリリア~。ブログを拝見させていただきましたが裏側まで凝った造形となっていました。


キャラクター・ボーカル・シリーズ02 鏡音リン・レンより鏡音リン~アマツキツネ~。

R-FS11136 (6-13-03)

艦隊これくしょん-艦これ-よりねんどろいど 重巡洋艦 高雄。その造形に加え人気作品の人気フォーマットということもあり開場10分で完売するというすさまじい光景を隣から眺めていました。
小さなスケールながら艤装まで細密に作られており瞬殺も納得の完成度です。


エヴァンゲリヲン新劇場版より式波・アスカ・ラングレー。


左からストライクウィッチーズよりリネット・ビショップとフランチェスカ・ルッキー二。


同じくシャーロット・E・イェーガー。


同じくサーニャ・V・リトヴャク(II)。


同じくゲルトルート・バルクホルン(II)。


左より同じくミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ、坂本美緒。
はむすた工房さんと言えばストライクウィッチーズが有名ですが7体も並べられていました。


艦隊これくしょん-艦これ-より戦艦 長門。ひるがえる髪や艤装でキャラクターの迫力が伝わってきます。


ソードアート・オンラインIIよりシノン。武器まで精巧に作られていました。


ソードアート・オンラインよりアスナ。髪の毛の束や剣の柄の部分など本当に細かいところまで造形されています。

余談ですが今回は本当にはむすた工房さんにお世話になりました。最後の最後まで気を使っていただき本当にありがとうございます。

Atelier Drop D (6-02-03)

左よりからインフィニット・ストラトスよりセリシア・オルコット(OVA私服版)、凰鈴音(チャイナドレスver)、シャルロット・デュノア(OVA私服版)。


艦隊これくしょん-艦これ-より長門。上半身は可動式となっているとのこと。


左からじょしらくより宇座亭ウザンヌ胸像、シドニアの騎士より緑川纈、侵略!イカ娘より長月早苗、シンディー、田辺梢。

ということでワンフェス2015冬レポート その3でした。
本来はもっと撮影したかったのですが一人参加であまり自分の卓を開けるわけにもいかないので少なめとなってしまいました。

当ブログの模型イベントレポート記事ではディーラー名はもちろん作品の出典も必ず記載するようにいます。 その理由ですが…

・ディーラーさんの宣伝
これは言わずもがな。どんな人間でも自分が作ったということを知って欲しいことに変わりはありません。次回以降売り上げにつながる可能性もあります。まして私のような参加間もないところならば尚更です。
またディーラーさんは作品に思い入れがあり、展示物を制作しているのでその作品について知らない方にも知って欲しいという思いもあります。

・版権元様に作品のPRになってるよアピール
このような模型イベントは版権元様の好意があり成り立っています。いくらキャラクターを作りたいと思っても許可が降りなければ展示することすら出来ません。
そこで出典元のアニメや原作コミックスなどを宣伝することで版権元様が「PR効果が期待できる」と思ってくれればより多くの作品が許諾される可能性があります。

弱小ブログゆえ非常に微力ですがそんなわけで上記の点に注意しています。もし模型イベントで撮影した写真をウェブ上にアップするときは思い出してみてください。

関連記事

写真撮影させていただいたディーラーの皆様、本当にありがとうございました。
掲載に問題がある場合はTwitterまたは下記コメント欄までご連絡下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています