2011/04/27

C7P67レビュー2.7

2012 5/9追記 IvyBridgeに正式対応。

C7P67は3種類のSATA(IntelSATA3、IntelSATA2、MarvellSATA3)を持っていますが差が出るのかベンチマークを取ってみました。今回はSATA3ドライブ編です。



計測環境
CPU Intel Core i7 2600K
M/B C7P67
SATA0 Micron RealSSD C400 64GB (MTFDDAC064MAM-1J1)
SATA2 WesternDigital 640GB (WD6401AALS)

テストドライブ
Crucial RealSSD C300 64GB (CTFDDAC064MAG-1G1) firm:0007
ドライバ
IntelSATA      10.1.0.1008
MarvellSATA 1.0.0.1051

左からIntelSATA2、IntelSATA3、MarvellSATA3です。今回はドライブ自体がSATA3ですのでSATA2との間にはその差が現れています。SATA3に関してはIntelとMarvellで差が付きました。やはりシステムドライブとして使うにはIntelSATAのほうがいいでしょう。

余談ですがC300を

2.5-3.5マウンタに入れる(WINGSONIC MRA260U)

IntelSATA3に接続したリムーバブルラックに入れる(EVERGREEN EG-RM410ABK)

という2重構造にして接続するとOSでSATA2として認識されてしまいました(IRSTで確認)。片方ずつならばSATA3として認識されましたのであまり変換は噛ませないほうがいいようです。

なお今回は直接ポートに繋ぎ計測しましたがドライブ自体がSATA2であれば2重構造にしても計測結果に差は出ませんでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています。