2011/06/24

HR-01購入

前回秋葉原へ行ったときテクノハウス東映の軒先のパレットでHR-01を見つけました。数カ月前からあり気にはなっていましたがすでに箱には入っておらず半ばジャンクのようなアウトレット品。しかし1980円という値札をみて購入してしまいました。

ホコリをかぶっている、ということで1780円にしてくれました

店員さん (値札を指さしながら)「この値段でいい?」
私           「 安くなるんですか?」
店員さん 「じゃあ200円引きにしますよ」
私           「 助かります~」

HR-01といえば当時はK8用のファンレスクーラーとして発売されたかと思います。その後Intelソケット向けに対応した物やファンクリップ、そしてヒートパイプが増えたHR-01 Plusなどが発売されていました。


開封してみるとHR-01本体、K8用クリップ、サーマルグリス、ステッカー、説明書と付属品は一応全部揃っていました。


若干CPUとの接地面が傷になっていたのでピカールで研磨。くすみもなくなり綺麗になりました。
つい勢いで買ってしまいましたが以前Thermalright用1156リテンションキットを買ってSI-128SEを取り付けていたので交換することにしました。


このように取り付けました。ファンクリップが付属していないので写真のようにフロント側ファン-ヒートシンク-リア側ファンを針金を通して固定しています。フロント側ファンは通常のシンルリアンファン、リア側ファンはシンルリアンの逆ファンを付けています。SI-128SEを取り付けていたときはマザーと平行にヒートシンクが少し動いてしまいましたがHR-01ではしっかりと固定されています。1156リテンションキットがSI-128SEをサポート外としていたのはこれが原因だったのでしょうか。


CPU:2600K、MB:C7P67、ケース:ZERO(NZXTフルタワー)ですが室温28℃でアイドル時35℃前後といったところでしょうか。ゆるゆる回しています。
ZEROにはサイドパネルに12cmファンが4基付いていますが見事に干渉してしまい閉じれなくなってしまいました。ファンを外せばいけそうですがこのケースはトップフロー型を使うのが良さそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています