2012/05/30

PCパーツの保証(マザーボード編)

今日は朝からクレバリー倒産というショッキングなニュースが舞い込んできました。店舗、ネットショップ共に利用したことがあり非常に残念でなりません。

このように突然販売店がなくなってしまうということは昨今の経済事情から考えても今後も無いとはいえません。そうした場合にパーツの保証というものが気になる点として挙がります。そこで各ベンダーが保証に関してどのような対応をとっているか調べてみました。

1.ベンダーが直接サポート窓口を持っているケース
国内流通のマザーは基本的に正規代理店によって販売店へ卸されているので保証も代理店によって行われています。しかし国内にサポートセンターを持っているベンダーもあります。これにはインテルとMSIが該当します。
直接ベンダーのサポートとやり取りができるので詳しい情報が聞けることや対応が早いという利点が挙げられます。以前実際にインテルのサポートセンターに不良品交換をお願いしたことがありましたが連絡後4日で修理品が届きました。PCパーツの知識があればこのケースが一番早く問題が解決するかと思います(店頭交換を除く)。

インテルカスタマーサポート(インテルの国内代理店はテックウインド)
MSIサポート情報(MSIの国内代理店はリンクスインターナショナルマイルストーン、アスク、アイティーシー)

2.代理店が直接修理対応窓口を持っているケース
先ほど上げたインテルとMSI以外は国内に直営のサポートセンターが無いため代理店が修理に関しても対応します。代理店の一部には専用窓口を設け、エンドユーザーと直接修理対応してくれるところもあります。

ASUS(エムヴィケー扱いのみ)
初期不良に関しては購入店へ持ち込むよう指示されていますが修理に関してはサポート窓口が用意されておりエンドユーザーが直接送ることができます。

3.購入店で対応してもらうケース
修理依頼では最も基本的な形かと思います。基本的に代理店はエンドユーザーに対しテクニカルサポートを電話やメール等で行うことはあっても直接修理対応をすることはなく購入店を通すように指示をしてきます(つまり購入店がなくなるとサポートが面倒になる可能性がある)。上記1や2のベンダー及び代理店の製品でももちろん購入店で対応してくれます。しかし裏を返せばそれ以外は購入店に持ち込まなければ修理対応してくれないということになります。

・ASUS(アスクテックウインド扱いのもの)
・ASRock(ユニスターマスタードシード) ※下記注意点参照
・GIGABYTE(CFD)
・Biostar(エムヴィケー)
・ECS(アスク、ファスト)
・FOXCONN(ユニスターリンクスインターナショナル) ※下記注意点参照
・ZOTAC(アスク)
・SUPERMICRO(アスク)

代理店に関してはわかる分のみ。上記以外にも存在する可能性があります(並行輸入やサードウェーブ除く)。
というわけで色々見てきましたが購入後の修理を含めたサポートということになると…

インテル MSI
----------ベンダーの壁---------
エムヴィケー扱いのASUS
----------代理店の壁-----------
その他のベンダー及び代理店

このような順位になるかと思います。無論これは販売店以外のサポート体制を考慮したものですがベンダー及び代理店に対応してもらうことで…

・パーツ販売店倒産時の保証のリスク
・交換品到着までのダウンタイムを最小にできる可能性が高くなる

などの利点が挙げられます。それになにより選択肢は多いに越したことはないと思います。

※注意点として
以上は各ベンダー及び代理店のウェブページに記載されていた情報をまとめたものです。場合によっては上記と異なる可能性があります。ユニスターに問い合わせてみたところ修理依頼時に自社のサポート窓口でも購入店でもどちらでもいいと言われました。これは…

・初期不良など明らかな製品不良の場合は購入店で確認してもらうことで店舗在庫で対応できるので早く済む
・サポート窓口に送った場合に万一症状が確認できないと送料を負担してもらうことになる

などのような購入店で交換してもらったほうがエンドユーザーにとって利点がある場合と

・遠方の販売店で購入してしまい店頭へ行くのが困難
・ネット通販など実店舗以外で購入

など購入店のサポートが受けにくい場合があるのでどちらでも対応しているとのことでした。
このようなこともあるので修理を依頼する場合は購入店、代理店などで対応の確認をしてみてください。

6/19追記
アスクが7/1よりMSIの取り扱いを始めるとのこと。
すでにグラフィックスボードに関しては扱っているのでマザーとグラフィックス両方扱いということに。

7/1追記
アイティーシーもMSI製品取扱を始めるとのこと。
取扱製品はマザー、グラフィックス、サーバーボード、サーバーベアボーン、IPC-MB(工業用組み込みマザー)となるよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています