2012/07/07

ICSなXperia arc&rayをカスタムする

前回の作業でXperia ray(arc)に国際版4.0.4を焼き、さらにroot化することができました。使用する上で特に問題はありませんでしたがいくつか気になる点があったので修正することにしました。
なお下準備としていつも使用しているESファイルエクスプローラーの設定を変更しています。

<下準備>
システムファイルを変更できるアプリは多々ありますが有料版であることが多いです。しかしESファイルエクスプローラーでは無料で同等の機能を使用することができます。


まずESファイルエクスプローラーの設定で"ルートエクスプローラー"と"ファイルシステムをマウントする"にチェックを入れます(上記画像参照)。


さらにホームディレクトリをデフォルトの"/sdcard/"から"/"に変更します。
これでシステムファイルへアクセス、変更できるようになりました。以下ESファイルエクスプローラーで各作業を行なっています。

<中華フォントを修正する>
・下記参考サイト(TosRooM さん)よりjapanesefont_set.zipをダウンロード、解凍してrayのSDカードに保存します。
・"DroidSansJapanese.ttf"を/system/fonts/へ移動させます。
・"fallback_fonts2.xml"を/system/etc/へ移動させます。
・移動させた"fallback_fonts2.xml"のプロパティでパーミッションを"rw-rw-rw-"から"rw-r--r--"へ変更します。
・元からある"fallback_fonts.xml"を削除し、先ほどパーミッションを変更した"fallback_fonts2.xml"を"fallback_fonts.xml"に名前を変更します。
・再起動するとフォントが変更されています。

<トグルスイッチを追加する>
xdaより必要なファイルををダウンロード、解凍してrayのSDカードに保存します(今回は1を使用しました)。
・"QuickPanelSettings.apk"を/system/app/へ移動し、先程と同様にパーミッションを"rw-r--r--"へ変更します。
・"systemUI.apk"を"systemUI2.apk"に名前を変更し/system/app/へ移動、同じくパーミッションを"rw-r--r--"へ変更します。
・元からある"systemUI.apk"を削除し、先ほど移動させた"systemUI2.apk"を"systemUI.apk"に名前を変更します。
・再起動すると以下のようにトグルスイッチ追加及び電池アイコンが%表記に変更されます。


・なおトグルの詳細はアプリ一覧に追加されたQuickPanelSettingsより変更することができます。

<FMラジオの周波数を日本国内向けに合わせる>
こちらのブログ内にあるCWM用インストーラーをダウンロードして適用します。


・起動させるとこのように国内のFM放送に対応した周波数を拾えるようになりました。

今のところbootloader unlockしていないので出来るカスタムには限りがありますがまた一段と使いやすくなりました。キャリアサポートが見送られてもまだまだ遊べるのはグローバル端末の強みかと思います。

※今回以下のブログを参考にさせていただきました。
xperia activeのFMラジオアプリ(デフォのやつ)を日本の周波数に合わす-zipインストーラ付き(所感 ~ANDROID~ さん)
xperia-ARC BootloaderをunlockしないでICSを入れる(TosRooM さん)

関連記事
Xperia ray(SO-03C)&arc(SO-01C)の記事まとめ

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています