2012/09/21

MSI Z77A-G45レビュー1

以前受験したパ自検でどうやら成績上位者だったらしく賞品が送られてきました。


送られてきたのはMSIのintelマザー、Z77A-G45でした。MSI製品は前回の880GMS-E41(FX)や890GXM-G65などAMD系しか使ったことがなかったので実際に使用してみることにしました。


Z77A-G45はMSIのマザーボードの中でも"ミリタリークラスIII"と呼ばれるアメリカ国防総省の定める軍事規格をパスする高品質電子部品を使用している物のようです。


マザー全景。主な装備としてはDDR3スロットを4本、SATA6Gポートを2基、PCIe3.0 x16 x8、PCIe2.0 x4、USB3.0ピンヘッダなどとなっています。PCIはありません。ちなみにCPUソケットはLOTES製でした。


リアI/O部。PS/2(マウス、キーボード兼用)、USB3.0が2ポート、USB2.0が4ポート、6in1オーディオジャック、S/PDIF出力(光角形、同軸)、映像出力(HDMI、DVI、D-sub)、CMOSクリアボタンとなっています。


付属品一覧。ユーザーガイド、クイックインストールガイド、ドライバディスク、リアI/Oパネル、SATAケーブル2本、Mコネクタとなっています。


Mコネクタはピンヘッダの接続をスムーズに行うために付属しています。ASUSでも似たようなものがありました。


開封動画です。

ところで今回パ自検の賞品ということでこのマザーを手にしましたがざっと製品を見ると化粧箱がくたびれている、マザーの静電気防止袋の封をはがした跡や袋の傷み具合、マザーに"PCIeGEN3.0"のアピールシールが張られていないなどが見受けられました。このことからおそらく新品ではなくリファービッシュ品ではないかと思います。
今のところマザーボード自体に問題はなくきちんとメーカー保証もあり(そもそも貰い物なので)全く問題はありませんが少し気になったので記載しておきます。

関連記事
MSI Z77A-G45レビュー2
MSI Z77A-G45の起動時間

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています