2013/01/09

日本橋巡回

いつも"巡回"といえば秋葉原ですが日本には他にも電気街が存在します。東の横綱が秋葉原ならば西の横綱は日本橋という個人的なイメージやせっかく大阪に来たということもあり日本橋に行ってみることにしました。


このあたりは日本橋筋西通商店街、オタロード、ポンバシ、でんでんタウンなど様々な呼び名があるようです。上記写真のガンダムは上新電機の店舗の外壁ですがお膝元というだけあり、いたるところに"Joshin"があります。


ホビー、アニメ系の店舗はアニメイト、とらのあな、ゲーマーズを始めとして秋葉原同様多々ありました。その中でもボークスに関しては売り場面積や品数などなかなか面白かったです。
それではPCパーツ系のショップを巡回してみたいと思います。

堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリア

まず難波駅を出て最初に入ったのがPCNETなんば店。こちらは個人的に行く頻度は低いですが秋葉原にも店舗があります。中古PCやPC関連雑貨などが陳列されていました。

堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリア

こちらはフレンズというショップ。界隈に2店舗を構えているようです(上記写真は2号店)。中古PCや雑貨が置いてありました。

堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリア

そしてお馴染みのドスパラ。このあたりにはこの大阪・なんば店の1店舗を構えています。なおこの場所は以前撤退したツクモなんば店の跡地のようです。取扱品はショップブランドPC、携帯電話、新品・中古パーツ、中古PCに加えてサポートカウンターが併設されていました。

堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリア

こちらもお馴染みソフマップ。なんば店ザウルス2ハード館という店舗です。ソフマップらしくPC関連に加えテレビなどの家電売り場も併設されていました。なお関連店舗としてはなんば店ザウルス1ソフト館、大阪・日本橋1号店ハード館、大阪・日本橋2号店ソフト館があるようです。

堺筋の大通りエリア

そして日本橋といえば、というショップの1's(ワンズ)。価格COMなどで名前はよく目にしますが秋葉原にはなかったので今回初めてのリアル店舗となりました。取扱品はPCパーツ全般となっておりここで一式揃えることができます。店内は1F、2Fに加えBFの3フロア構成でした。

堺筋の大通りエリア

これまたお馴染みのじゃんぱら。この界隈ではなんば店とこの日本橋3号店の2店舗を構えているようです。なんば店は堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリアにあり2Fには中古PCパーツがありました。

堺筋の大通りエリア

こちらは先程のソフマップ大阪・日本橋1号店ハード館。店舗は狭めですが新品・中古パーツが置いてありました。

堺筋の大通りを挟んで東側のエリア

そしてマルツパーツ館大阪日本橋店。基本的にPCパーツはなく電子部品が主となっています。

堺筋の大通りを挟んで東側のエリア

同じく電子パーツといえば千石電商も店舗がありました。秋葉原に3店舗(本店、2号店、3号店)ありますがこちらは大阪日本橋店の1店舗となっています。しかし店内はかなり広いです。

堺筋の大通りを挟んで東側のエリア

秋葉原では最近2号店がオープンしたインバース。下調べをしていなかったので知りませんでしたが日本橋店がありました。この他名古屋店と福岡店もあるようです。

堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリア

ユニットコム系の2店、パソコン工房とfaith。パソコン工房はここが本店のようです。(先日閉店してしまいましたが)秋葉原店同様BTOが基本となっており2Fでは中古PCも扱っていました。faithは秋葉原本店が一時閉鎖となり現在は事実上この大阪日本橋店のみとなっています。店内に関しては広い店内にPC一式揃えられる品ぞろえとなっていました。

堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリア

先ほどのワンズ関連店舗。こちらでは中古の携帯電話販売を主としているようです。なおこのあたりには無線関連や電子部品以外に工具など様々なものを扱う店舗が点在していました。

堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリア

こちらはBEST DO!(ベストドゥ!)というショップ。日本橋に来るまで全く知りませんでしたがここでもほぼ一式揃えられる品ぞろえとなっており、また光学メディアも多数取り揃えられています。2Fにも売り場がありましたがスタッフさんが忙しそうにネット通販用の商品の荷造りをしていました。

堺筋の大通りを挟んで難波駅側のエリア

ユニットコム系でもう一店舗、TWOTOPも大阪日本橋店を構えていました。

というわけで日本橋巡回でした。街全体としてはPCパーツ関連のほか家電、無線、電子部品、事務機、ホビー関連などやはり秋葉原と同様に多種の店舗がありました(それにしても上新電機関連店舗が多い)。

秋葉原・日本橋だけでなく以前に比べれば自作PC自体の活気がなくなってきている昨今ですが両街とも業界を引っ張る牽引役として頑張って欲しいと思います。

関連記事
大須巡回

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています