2013/01/03

SHA-MS120レビュー

つい最近SST-PS08Bを購入したばかりでしたがまたPCケースが必要になったため改めて購入することにしました。今回も条件としてはマイクロタワーということで調べてみましたが以前に比べてこの手の物は種類が減ったような気がします。そして結局…

ツクモネットショップで購入、4980円

SharkoonのSHA-MS120を選択しました。これまでこのメーカーの製品は購入したことがありませんでしたがドイツに本社があるようです。なお代理店はディラックでした。


ケース前面。主な装備は5.25インチベイ、3.5インチベイがそれぞれ1つずつ、USB3.0ポートが1つ、USB2.0ポートが3つ、オーディオジャックとなっています。


フロントパネルは直接引っ張ることにより外すことができます。12cmファンが2基搭載されていました。


背面。電源は上置きタイプ、リアファンは8cmまたは9cmのものが取り付けられるようになっています。拡張スロットのブラケットは廉価製品にありがちな折って切り取るタイプではなくビスで固定するタイプでした。
なおUSB3.0ポートはピンヘッダに直接接続するタイプではなく背面ポートからもらうようになっていました。そのためケース内部からケーブルが長く伸びています。


しかし背面のUSB3.0ポートが1つ潰されてしまうのでそれが嫌な場合はUSB3.0ピンヘッダ変換アダプタを使用して内部ピンヘッダからもらうようにする必要があります。


サイドパネル開放。このケースの特徴としてはHDDを縦置きで組み込むようになっています。3.5インチでは4台、2.5インチでは6台まで搭載できるようです。


ケース内側のHDD搭載用パネルは外すことができ、それにより底面にHDDを1台搭載できるようになります。ハイエンドグラフィックボードを搭載する場合などはこの配置にすることによりHDDとの接触を防ぐ事が出来るようです。



ケース底面には追加で12cmファンが取り付けられるようになっています。またフィルターも付けられていました。


その他付属品はマニュアルとネジ一式になっています。珍しくグラスワッシャーも含まれていました。

というわけでMS120でした。全体的な作りは良く、廉価版にありがちな作りの雑さなどは特に感じません。しかし2011年の製品ということで前面USB3.0ポートがリアI/Oからもらうタイプだったりと若干イマイチなところもあります。
とはいっても全体の作りに加えて12cmファンを予め2基搭載していることやハイエンドグラフィックボード運用に対する考慮などこの値段でいろいろ気の配られた製品かと思います。デザインも安っぽさを感じるようなものではないので小さめのケースがほしいがデザインやエアフローにも凝りたいという事ならば選択肢に入るのではないでしょうか。

個人的にはPS08Bのデザインのほうが好みですが。

4 件のコメント:

  1. ケース内部のUSBピンヘッダーが足りず、探してたところ、ここにたどり着きました。

    画像にある、USB3.0ピンヘッダ変換アダプタのメーカーと型式を何卒ご教示下さい。

    よろしくお願いします。

    返信削除
  2. 上記記事のUSB3.0ピンヘッダ変換は秋葉原で購入したバルク品であるため特に型番などはありませんでした。類似品は各社から多数発売されているので検索してみてください。お役に立てずすみません。
    関連記事 http://jisaker0210.blogspot.jp/2013/01/akiba.html

    返信削除
  3. Tony Jisaker 様
    関連記事WEBを元に情報を調べた結果、

    おかげさまで、同等品を探し出すことができました。

    心より感謝致します。この度はありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. 見つかったようで何よりです。

      削除

スパム対策のためコメントは承認制になっています