2013/04/18

SO-01CをICS(4.1.B.1.13)へアップデート

以前Xperia arc(SO-01C)をICS(4.1.B.0.431)でroot化してからというもの知人に貸し出してしまい全く触っていませんでした。最近手元に戻ってきたこともありray(SO-03C)と同じく4.1.B.1.13にアップデートし、root取得してみることにしました。

今回もVodafone版です

なお使用するftfはLT18i(arc S)のものですが問題なく動作しました。

準備するもの
・Andorid開発環境
・LT18_4.1.A.0.562_NCB.ftf (4.1.A.0.562のftf 検索すると見つけることができます)
・LT18i_4.1.B.1.13_Vodafone DE.ftf (4.1.B.1.13のftf xda developersより)
・DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su.zip (root取得ツール xda developoersより)
・flashtool-0.9.10.1-windows.exe (FlashTool こちらより)

手順0
・FlashToolをインストールし、ftfをFlashtoolのfirmwareフォルダに移動。root取得ツールを展開。

手順1


・SO-01CにFlashToolでLT18i_4.1.B.1.13_Vodafone DE.ftfを焼く。wipeはそのまま、Exclude TAにチェックを入れる(上記画像参照)。


・さらにLT18_4.1.A.0.562_NCB.ftfを焼く。この時にwipe dataのチェックを外し、さらにExclude FotaとExclude systemとExclude basebandとExclude TAにチェックを入れる。

手順2


・SO-01C起動、USBデバッグ及び提供元不明のアプリにチェックを入れる。root取得ツールを使ってroot化。

手順3


・再びFlashToolを起動しLT18i_4.1.B.1.13_Vodafone DE.ftfを焼く。この時wipe欄は全てチェックを外し、Exclude Fota、Exclude system、Exclude baseband、Exclude TAにチェックを入れる。
・端末を起動し完了。


これでICS(4.1.B.1.13)でroot取得することが出来ました。この後はX-PartsをインストールしてそこからCWM Recoveryを導入します。以前行った各種カスタムも可能でした。


IIJmioのSIMで確認しましたがデータ通信も使用することが出来ます。

関連記事
Xperia ray(SO-03C)&arc(SO-01C)カスタム記事まとめ

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています