2013/04/13

Xperia acro HD(SO-03D)購入

数ヶ月前にご愛顧割やデビュー割の対象となりかなり安く購入することが出来るようになっていたSO-03D。今月中旬からは更にそのご愛顧割なども外れ定価そのものが15120円となっています。


というわけで所謂投げ売り状態となっているところを購入しました。SO-01C(arc)やSO-03C(ray)では小さめのパッケージでしたがSO-01B(X10)を彷彿とさせる大きさとなっています。


SO-03D本体。端末自体はSO-02C(acro)の後継として2012年3月に発売されたFOMA機です。主なスペックはCPUがSnapdragonの1.5GHz、HD液晶を搭載しています。国内向け機能としてはおサイフケータイ、赤外線、ワンセグ、防水機能などを装備しています。


裏面、マット仕上げになっています。本体カラーはAQUAを選択しました。なおSO-03Dはバッテリーパックの着脱が不可能になっており交換する際は有償修理(9240円)となるようです。


側面にはSDカードスロットとSIMスロットを備えています。予め2GBのサンプル品のSDカードが挿入されていました。SIMスロットに関しては通常サイズの引き出し式となっているのでmicroSIMやnanoSIM使用時は別途アタプターが必要になると思います。


上部にはHDMI、イヤホンジャック、USBポートが配置されています。各カバーをきっちりと閉めないと防水機能が有効にならないので注意が必要です。


付属品一覧。イヤホンマイク、USBケーブル、ACアダプター、クレードルとなっています。久しぶりにクレードルを見ましたがこれのせいでパッケージが大型になっているのではないかと思います。


紙モノ一覧。保証書や取扱説明書などです。


X10、arc、rayと比べて。GalaxyNexusやGalaxySIIIαほどではありませんが厚みや重量があるので大きく感じます。

というわけでSO-03Dでした。
かなり在庫期間が長かったのか箱から取り出して電源を入れようとすると完全に干上がっており起動出来ませんでした。ドコモではSO-03Dを生産しすぎたという話も聞くのでしばらくはこの価格のまま推移しそうです。
なおRoot取得は出来るようですがBootloaderUnlockは出来ないとのことでカスタムは限られそうです。

関連記事
SO-03Dのカスタム記事まとめ

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています