2013/05/15

スマートフォンキャリングケースレビュー その1

モバイル端末のキャリングケースというのはスマートフォンに限らずフィーチャーフォンの時代から存在します。私自身はあまり使ったことがありませんでしたが知人に頼まれ調べてみることに。


今回購入したものはクツワという会社の"TAFMAN耐撃モバイルケーススリム縦型"というもの。カラーはブラウン、ネイビーもありましたがブラックにしました。amazonにて1045円。


収納目安サイズはH68xW130xD13mmとなっています。各部に低反発ウレタンフォームや面ファスナーを採用。


正面から。このうような低価格帯では他に合皮のものもありますがナイロン製なので開閉時の負荷など表面の耐久性では勝ると思います。


裏面は直接ベルトに通すタイプとなっています。フックタイプと好みが分かれるところですがケースごと落下の心配が少ないというメリットがあります。


特長としては端末収納部分に低反発ウレタンフォームを採用しているので耐衝撃性に優れる、また開閉部に面ファスナー(所謂マジックテープやベルクロ)を使用しているので各種サイズに対応しているとのこと。


iPhone5を収納してみましたがゆとりがあります。ただし面ファスナーである程度締め具合を調節できるので内部で遊んでしまうということは無さそうです。


Xperia acro HD(SO-03D)では少しはみ出る部分はありますがちょうどいいという印象です。逆にそのはみ出した部分をつかめるので取り出しがスムーズに感じました。


GalaxySIIIα(SC-03E)では少し窮屈という感じです。薄さは問題ありませんが端末の長さが影響して取り出しにくくなってしまいました。

なお薄く、小さい端末であれば2台収納が可能でした(Xperia rayとiPhone5で確認)。

というわけでキャリングケースでした。今回の製品は昨今の大画面化が進むスマートフォンには少し小さいのではという印象を受けました。しかし低反発ウレタンフォーム採用による耐衝撃性やそもそもiPhone5などサイズ的に問題がない端末であれば十分使えるものだと思います。

関連記事
スマートフォンキャリングケースレビュー その2

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています