2013/06/02

SO-03D(JB 6.2.B.0.200)にCWM Recoveryを導入

※最新ビルド6.2.B.1.96でアップデート+root取得+CWM Recovery導入が可能に。

前回SO-03Dに各種ファイルを使用してJB+root環境を整えました。さらにCWM Recoveryを導入することが可能なので手順を追ってみたいと思います。


準備するもの
JB+root取得環境のSO-03D
・cray_Doze氏制作のCWM Recovery(v2.1) (XPERIA FREAKSさんの該当スレッドより)
・acro HD用のCWM Recovery差分ファイル (acro HD資材置き場さんより)

※新バージョンのCWM6-cDM_v2.2.zipは差分ファイルなしでそのまま使用出来ます。

手順1
・CWM6-cDM_v2.1.zip内のchargemonとrecovery1.fstabをcwm.7zを展開して得られる同名ファイルと入れ替える(recovery1.fstabはrecovery.tar→etcフォルダ内)。tarを展開した場合は元に戻しておく。
・USBデバッグ、提供元不明のアプリにチェックを入れたSO-03DをPCに接続。
・cwm-install.batを実行する。途中端末でスーパーユーザー権限が必要になるので許可する。
・終了すれば完了。CWM Recoveryには電源投入時に青色LEDが点灯するタイミングで何かハードウェアキーを押すことにより入ることが出来る。

注意
recovery.tar内のrecovery1.fstabを入れ替える際にWindows上でLhazを使用して展開、圧縮を行いましたがうまくいきませんでした(出来たものを実行するとSONYロゴがループする)。この作業はLinux上で行ったほうがいいようです。今回はLinuxディストリビューションであるParted MagicをUSBブートした環境で行いました。

というわけでCWM Recoveryを導入することが出来ました。なお私の環境に依存するのかわかりませんがerror while making a backup image of /systemというエラーメッセージが出てきてnandroidバックアップが実行出来ませんでした(内部ストレージ及び外部SDカードとも)。

→現在CWM6-cDM_v2.2.zipが公開されておりacroHD差分ファイルを適用しなくてもそのまま使えるようになりました。またバックアップの不具合も解消されています。今のところ新バージョンはcray_Doze氏のtwitterからダウンロード出来ます。

以下のサイトを参考にさせて頂きました。
Xperia acro SのJB(6.2.B.0.200)を入れてみる (資材置き場 さん)

関連記事
SO-03Dのカスタム記事まとめ

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています