2013/12/03

SC-02Bの今後のカスタム動向

※CM11対応カーネルが公開されました、がいよいよ開発終了とのこと。

日本でGalaxySは2010年10月にFroyoが搭載されて発売されました。メーカーによるアップデートはGB(2.3.6)で打ち切られましたが国内外有志の手によりJB(4.3)で通話通信機能を使用することが可能となっています。


現在最新バージョンとなるKitKat(4.4)を適用したカスタムROMも登場しており、その環境を導入することも可能です。しかしついにSC-02Bの進化もその足を止めることとなりそうです。

以前までは海外有志の作成したカスタムROM(全てのAndroidバージョン)をSC-02Bに焼いても通話通信機能を使用することが出来ませんでした。これは国際モデルと日本国内モデルでは通信関連のチップが違うために起きる現象です。
しかし2013年の初め、それを解決するSC-02B用のカスタムカーネルがdidhiy氏によりxdaにて公開されました(厳密にはHiroyukiIkezoe氏が考案)。

これで通話通信機能が利用可能になったものの、その2つの機能を両立させることは出来ていませんでした。しかしこの問題も8月に2ちゃんねるスマートフォン板に現れた有志(780氏)の手によって解決を見ました。

一部不安定な面もあるものの事実上はJB環境でスマートフォンとしての全ての機能が利用出来るようになりました。それも動作も快調という2010年に発売された端末とは思えない程のものです。

しかし…

<DISCONTINUED>[SC-02B][CM-10.1_PATCH]Howto install I9000 CM-10.1 ROM to GS1 NTT Japan (xda)

と、didhiy氏はSC-02B用カスタムカーネルの開発を終了するとのことです。これはつまり今後はKitKatベースのカスタムROMなどで通話通信機能が利用できなくなるということを意味します。

さらに対応しているはずのCM10.2でもnightlyバージョンの途中で一部仕様に変更があったらしく最近のROMではSC-02Bカーネルを焼くと"Unfortunately, the process com.android.phone has stopped"というエラーメッセージが出てきてしまい端末を使用することが出来ません。

私が確認したものは…

問題なし
cm-10.2-20131021-NIGHTLY-galaxysmtd

問題あり
cm-10.2.0-RC1-galaxysmtd

※注意
・すでに11月中旬のnightlyバージョンでも問題が発生していたと思います。
・1021からRC1までの間でどこまでが問題なしかはすでにROMがダウンロード出来ないのでもはやわかりません。
・私の環境のみという可能性も捨て切れませんのでうまく言ったという方はご一報いただければ幸いです。

ということでSC-02Bのカスタム動向でした。極論を言えば自分でカスタムカーネルの開発を行えばいいだけの話ですがそこまでの情熱と時間もなく結局有志の存在に頼らざるを得ません。
最後まで勝手なことを言ってしまいましたがSC-02Bをここまでカスタム出来たのは実際に開発をしてくださった有志の方がいてくれたからこそです。今まで力を尽くしてくださった方々に改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

関連記事
GALAXY S(SC-02B)のカスタム記事まとめ

12/7追記
希望が完全に無くなったわけではなさそうです。

12/13追記
CM11用カーネルが公開されています。

2014/5/9追記
Discontinuedのようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています