2014/04/06

ASRock H87Mレビュー

ASRockのH87チップセット搭載MicroATXマザー、H87Mを購入する機会があったので簡単に見ていきたいと思います。


数あるASRock H87シリーズで最も基本的なMicroATXマザーです。ツクモネットショップで購入、代理店はユニスターでした。


主な内部装備はDDR3スロット2本、intelSATA3.0ポート6基、intelSATA2.0ポート2基、USB3.0ポート2基、PCIe3.0 x16、PCI x2他となっています。H87シリーズではようやく6ポート全てがSATA3.0対応にになりました。
背面I/OはPS/2(マウス/キーボード)、映像出力(DVI、VGA、HDMI)、USB(3.0が4基、2.0が4基)、LAN、6in1オーディオ出力となっています。ASRockマザーは低価格モデルにまで光デジタル出力まで付いているのが魅力的です。

以下各種ベンチマークです。構成は以下のとおり。
CPU : Core i3 4130
M/B : H87M
RAM : TED38192M1600C11DC (DDR3-1600 4Gx2)
GPU : intel HD Graphics 4400
HDD : WD1003FZEX
ODD : DVSM-724S/V-BK
PSU : AU400
USB : マウス、キーボード、カードリーダー(SFD-321F/T71UJR-3BEZEL)
CPU cooler : MUX-120 Black
Fan : 12cm x3(CPU、フロントx2)

OS:Windows7 Pro 64bit
AHCIモード、UEFIモードでインストール
UEFIにてStandardModeでファンコントロール

・SATA速度


今の時代WD Blackシリーズと言えどSSDと比べてしまえばブートドライブとしては非力かと思います。昔はよく使っていましたが。

・WEIS


Winodws8や8.1とは比較できませんが一応。

・CINEBENCH


OpenGLに関してはエラーで計測することが出来ませんでした。


最新のグラフィックスドライバでは改善されているかもしれません。

・消費電力

アイドル時 38W
ロード時 57W (CINEBENCH CPUテスト実行時)
BIOS時 47W

ということでASRock H87Mでした。前述の光デジタル出力などASRockマザーは他ベンダーに比べ低価格でも装備は充実しているという印象です。H87チップセットで低価格MicroATXマザーがほしいということならばまず候補に上がる製品ではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています