2014/04/29

SHA-MA-M1000レビュー

知人に頼まれ安いマイクロタワーケースが必要になり調べてみるとタイミングが悪いのか中々見つかりませんでした。それでもようやく5000円程度で気に入った物が見つかり購入してみることに。


ソフマップ・ドットコムで5169円でした、わけあって2つ購入。メーカーはSharkoonですが以前SHA-MS120を購入したことがありました。


ケース前面。5インチベイ2段、3.5インチベイ1段を備えています。USBポートに関しては2.0及び3.0それぞれ2ポートずつ使用できるようになっています。リセットボタンですが先の細い工具などを使用しないと押せませんでした。
なおフロントには出荷時から14cmのブルーLEDファンが付属。


正面向かって左側面。オプションで12cm又は14cmファンを取り付けることができます。


背面。電源は上置き、12cmファンが予め装備されていました。


右側面。特に何もありません。


サイドパネル開放。3.5インチシャドウベイは前面手前に見えるプレートに取り付ける様になっています。


そのプレートを取り外すと14cmファンを確認することができます。ブルーLED搭載。なお5インチ-3.5インチ変換マウンタが予め5インチ下段ベイに装着されています。


前面コネクタ一覧。パワーLEDは2つにわかれているタイプであらゆるマザーに対応できます。USB3.0ケーブルに関しては2.0に変換できるのでわざわざ変換コネクタを購入する必要はありません。


背面。拡張スロットベゼルは安いケースにありがちな折り切るタイプのものではありませんでした。


ケース底面。吸気口が設けられ、さらにフィルターが取り付けられていました。


付属品一覧。説明書に加え各種ネジが同梱されていますがグラスワッシャーも入っていました。


ということでSHA-MA-M1000でした。予め14cmファン及び12cmファンが付属している、USB3.0ケーブルにを2.0に変換出来る、5インチ-3.5インチ変換マウンタやグラスワッシャーまで同梱されているなど充実した内容となっています。
デザイン性や拡張性もあるので良い製品かと思いますがケース各部がコストカットのためか薄く、曲がりやすいので注意が必要な点はマイナス要素といったところでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています