2014/05/09

SC-02B及びSC-04DにCM11 M6ビルドを焼く

CyanogenModといえばAndroidカスタムROMの最大手であり、日夜様々なデバイス向けROMが作られアップデートされています。5/4付でCM11のSnapshot(NightlyとRCの間に当たる)の最新バージョンであるM6ビルドがリリースされたのでGalaxyS(SC-02B)及びGalaxyNexus(SC-04D)に焼いてみることにしました。


必要なもの
・CM11 (CyanogenMod Downloadsよりそれぞれの端末にあったものを選択)
・Gapps

手順
・焼き方に関しても端末それぞれの方法に準じて行う必要があります。
→参考SC-02BSC-04DのカスタムROMの焼き方


まずはSC-04D。ちなみにランチャーはGoogleNowランチャーを、カメラはNexusデバイスに配信されたアップデート版を使用しています。


SNAPSHOT-M6ビルドであることが確認できます。ベースバンドはSC-04Dのものなので国内での通信は問題ありません。


ベンチマーク計測。Antutuで10000ほどでした。


続いてSC-02B。同じくGoogleNowランチャーに変更しています。先ほどのSC-04Dと同様に一度カメラも変更してみましたがスペック的な問題かうまく動かずまともに使用できませんでした。


専用カーネル+各種パッチも適用。ro.telephony.ril_classをRILに変更し、問題なく通話出来ました。データ通信に関しては試していませんが大丈夫かと思います。


ベンチマーク計測。Antutuで6000ほどでした。

ということでSC-02B及びSC-04DのCM11 M6ビルド焼きでした。M4ビルドからSnapshotを焼くようにしていますので3回目となりましたが実使用にも十分耐えうるものだと思います(SC-03EはNightlyで常用していますが)。

なおxdaにてSC-02B専用カーネルを開発してくださっていたdidhy氏ですが今後は新しいカーネルの開発は行わない(Discontinued)とのことです。ということで専用カーネルはnotest-kk44-sc02b-20140401-twrp.zipが最後となりました。Snapshot M6ビルドまでは問題ありませんでしたが今後の更新では使用できなくなる可能性もあるかと思いますので"その日"が来るまではSC-02Bの最新環境での通話通信を楽しみたいと思います。

関連記事
GALAXY S(SC-02B)のカスタム記事まとめ
Galaxy Nexus(SC-04D)の記事まとめ

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています