2014/06/09

CM11 Snapshot M7ビルドが公開

CyanogenModといえばAndroidカスタムROMの最大手であり、日夜様々なデバイス向けROMが作られアップデートされています。6/9付でCM11のSnapshot(NightlyとRCの間に当たる)の最新バージョンであるM7ビルドがリリースされたのでGalaxyS(SC-02B)に焼いてみることにしました。


必要なもの
・CM11 (CyanogenMod Downloadsよりそれぞれの端末にあったものを選択)
・Gapps

手順
・焼き方に関しても端末それぞれの方法に準じて行う必要があります。
→参考SC-02BのカスタムROMの焼き方


M6からランチャーやテーマなど変更された点がいくつかありました。


6/6付のNightlyでKitKat 4.4.3となりましたがSnapshotでは4.4.2のままでした。


次回M8ビルドでは4.4.3となるようです。


ベンチマーク計測。Antutuで6200ほどでした。

ということでCM11 M7ビルド公開という話でした。上記の通りM7は4.4.2のままなので4.4.3を導入する場合は6/6以降のNightlyか次回のM8ビルドを利用することとなります。

なおSC-02B専用カーネルですがnotest-kk44-sc02b-20140401-twrp.zipを使用して発着信問題ありませんでした。

関連記事
GALAXY S(SC-02B)のカスタム記事まとめ

2 件のコメント:

  1. いつも楽しみに拝見させていただいています
    本記事の内容についてM7はパッチなしで発着信出来るってことなのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      M7ビルドにおいてももちろん専用カーネル+modem+blobs焼きは必要となります。

      削除

スパム対策のためコメントは承認制になっています