2014/06/07

G2 L-01FをKitKat化する

docomoによるKitKatアップデートは見送られました。

海外版LG G2ではKitKatアップデートが配信されていますが国内モデル(L-01F)は未だJBのままです。しかしカスタムROM(CyanogenMod)によるKitKat化が可能なようなので早速試してみることに。


必要なもの
・Android開発環境
カスタムリカバリが使用できるL-01F
・CM11 (Cyanogenmod Downloadより)
・Gapps (こちらより)

※注意
・各種バックアップを取って下さい。
・Nightlyは基本的に最新バージョンのほうがいいと思います。
・Gappsはgapps-kk-20140105-signed.zipで問題ありませんでした。
・Androidカスタムは全て自己責任で行って下さい。いかなる不具合が生じても責任は負いかねます。
・制作してくださった有志の方にお礼申し上げます。

驚くべきことに公式にL-01F用のCMが登場しました。これまでは海外の兄弟モデルのカスタムROMに手を加えてきましたが今回はそのまま使用することが出来ます。

手順
・ダウンロードしたCM11とGappsをL-01Fに保存する。
・カスタムリカバリ起動、各種wipeを実行しCM11とGappsを焼く。

これでKitKat化することが出来ました。



端末情報にて4.4.2であることが確認できます。


注目すべき点としてタブルタップでのスリープ解除機能が備わっていました。スリープへ入る場合はCM11標準機能のステータスバーのダブルタップが使用できます。


ということでL-01FのKitKat化でした。LG独自の機能などは基本的に使用できなくなってしまいますがドコモによるアップデートが打ち切られてしまった以上、最新環境を使ってみたいということであれば試す価値はあると思います。手順も楽なので。


上記で使用したCM11は6/5のNightlyだったのですが1日違いの6/6のNightlyで4.4.3へアップデートされました。


関連記事

6/26追記

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています