2014/09/27

Z87M Pro4レビュー2

以前購入したZ87M Pro4ですが組み立てたので簡単にベンチマークなど見てみたいと思います。


構成は以下のとおり
CPU : Celeron G1820
M/B : Z87M Pro4
RAM : Team DDR3-1866 4Gx2
GPU : intel HD Graphics
SSD : Kingston SVP200S3/240G (240GB)
PSU : SS-550HT
USB : マウス、キーボード
CPU cooler : Samuel17 + 14cmファン
Chassis fan : 12cm x1(フロント)

OS:Windows8.1 64bit Enterprise
AHCIモード、UEFIモードでインストール
UEFIにてSilentModeでファンコントロール

・SATA速度


intelSATA6Gbpsポートに接続、OSインストール直後です。


IRSTインストール済み。IRSTインストールの有無で差がつく結果となりましたが使用感に違いはありませんでした。

・WEIS

プロセッサ : 6.9
メモリ(RAM) : 7.8
グラフィックス : 5.5
ゲーム用グラフィックス : 5.2
プライマリハードディスク : 8.05

G1820でよく健闘していると思います。Core2Quad Q9550が7.3(Win7で計測)だったのでワットパフォーマンスは本当に目を見張るものがあります。

・CINEBENCH


やはり上位モデルと比べると劣りますが実使用で問題を感じたことはありません。

・消費電力

アイドル時 26W
ロード時 55W (CINEBENCH OpenGLテスト実行時)
ロード時 48W (CINEBENCH CPUテスト実行時)
BIOS時 42W

今回は接続デバイスを極力少なくしているためか低くまとまっています。

ということでZ87M Pro4レビュー2でした。

関連記事
Z87M Pro4レビュー1

10/8追記
SATA速度測りなおし。SSDをSecureEraseしてインストールし直しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています