2015/02/26

GalaxyNexus(SC-04D)にCM12(unofficial)を導入

GalaxyNexusへのKKアップデートが打ち切られて以降、CM11を導入してきました。LPでもCMを導入しようかと思っていましたがmaguro用CM12が公式には存在しないので有志がビルドしたunofficial版を使用することにしました。


準備するもの
openrecovery-twrp-2.8.5.0-maguro.img 
・cm-12-20150218-UNOFFICIAL-maguro.zip
・pa_gapps-modular-pico-5.0.1-20150221-signed.zip

カスタムROMとGappsは[ROM] [5.0] CyanogenMod 12 Beta builds (xda)よりダウンロードできます。

注意点
・カスタムROMはpost #1866より。
・PA GappsはPICO MODULAR PACKAGEを使用。これより大きいものは焼けませんでした。

手順
・ダウンロードしたファイル(TWRP以外)をGalaxyNexusにコピー。
・Bootloader起動、fastbootコマンドを使ってTWRPを焼く。
・カスタムリカバリ起動、カスタムROMとGappsを焼く。

これでGalaxyNexusにCM12環境を導入することが出来ました。感想ですが…
・大体の機能は使用できる(カメラ以外)。
・動作自体はやはりハードがハードなのでもっさり感は否めない。
・ROMはもともとSELinuxがPermissiveなのでXposedのLP対応アルファ版がたやすく導入可能。

上記のとおりです。正直CM公式で12が提供されないとは意外でした。今後どうなるかはわかりませんがしばらくこの環境で運用していきたいと思います。

関連記事
Galaxy Nexus(SC-04D)の記事まとめ

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています