2011/12/17

H61M-HVSレビュー1

知人にPCを修理して欲しいと言われ組み立てPCを預かりましたが蓋を開けてみるとそこにはP4P800-Eが。一式新しく購入したほうが良いのではないかと伝えるとできるだけお金は掛けたくないとのことで最低限度の換装をすることにしました。

とにかく安く済ませたいのでCPUはCeleronG530を選択。聞くところによるとCore2DuoE6600とほぼ同程度の性能とのこと。当時40000円ほどで購入しましたが今では同等品が3500円程度で購入できます(5年の歳月はありますが)。


リテールクーラーは薄型のアルミ芯のものが付属していました。
マザーは1155系で最安だったH61M-HVSを選択。本当に必要最低限の装備ですがとにかく予算がありませんのでこちらにしました。


ソフマップ.comにて3740円でした。箱を開けていきます。


サイズは通常のMicroATXよりも一回り小さいです。DDR3スロット2本、SATA2が4ポート、その他PCIe×16とPCIe×1スロットが一つずつ搭載されています。CPUソケットはFOXCONN製でした。


背面にはVGA出力とHDMIが搭載されておりDVIは省かれています。


付属品はクイックスタートガイド(日本語含む)、ドライバディスク、SATAケーブル2本、IOパネルとなっています。

次回は組み立てます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています