2014/04/29

GIGABYTE H81M-DS2Vレビュー

またも知人から低予算マシンが欲しいという話がありました。予算的にH81マザーとなりましたがASRock、MSIと購入してきたので今回は別のベンダーにすることに。


そんなわけでGIGABYTEのH81M-DS2Vを選択しました。ソフマップ・ドットコムにて4980円。


マザーボード全景。主な内部装備はDDR3スロット2本、intelSATA3.0ポート2基、intelSATA2.0ポート2基、PCIe3.0 x16、PCIe x1他となっています。各社H81マザーといえば最低限の装備となりがちですがPCIe x1が2つ、さらにEPS12V(8ピン)に対応しています。


マザーボード裏面。CPUソケットはFOXCONN製でした。


背面I/O部。PS/2(マウス、キーボード兼用)、映像出力(DVI、VGA)、USB(3.0が2基、2.0が2基)、LAN、3in1オーディオ出力となっています。HDMIが無いのはともかくUSB2.0ポートが2基というのは少ないと思います。


付属品一覧。SATAケーブル2本、バックパネル、ユーザーズマニュアル、ドライバディスク、組み立て時の注意書となります。

開封動画は準備中です。

ということで以下の構成で組んでみました。
CPU : Pentium G3220
MB : H81M-DS2V
RAM : DDR3-1333 2Gx2 (CFD Elixir)
HDD : DT01ACA050 (500GB)
ODD : GH24NSB0 BL
Chassis : MA-M1000
PSU : KRPW-L4-400W/A
FAN : 14cm x1 12cm x1
OS Windows7 Pro 64bit

UEFIモード、AHCIモードでインストール


CINEBENCHは上記のようになりました。以前PentiumG3220を使用した時と同等の結果です。


Windows8などとは比べにくいですが一応計測。グラフィックス関連スコアがWin7ではWin8に比べて高めに出ているかと思います。


一応CrystalDiskMarkも。今回初めて東芝3.5インチHDDを購入しましたが特に問題無さそうです、RMA以外は。

消費電力は以下のとおり。
UEFI画面 : 49W
アイドル : 36W
CB OpenGL計測時 : 57W
CB CPU計測時 : 56W

ということでH81M-DS2Vでした。低価格帯でありながらEPS12VやPCIe x1スロットを2基搭載など他ベンダーとは違った作りとなっています。低予算で組みつつ、この辺りの機能が必要になってくるのであれば選択肢となるマザーではないかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています